サンワールドのクチコミ!チューブダイエットがとにかく安い |

全く食事をしなくなり緊急入院、退院後からシリンジで1袋を1日2回に分けて強制給餌してきました。病院で老衰と言われましたがまだそんな年齢でもなくこのまま何もしないままで…とゆうのができなかったので!とりあえず試してみたのですがよかったです。それをできるだけ防ぐために!無理やり食べさせていました。

コレです!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

サンワールド チューブ ダイエット森乳サンワールド猫用 チューブダイエット(キドナ)20g入り×20包【食事療法食】

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

あまり好きではないようですが!お願いすると飲んでくれます。キドナが嫌いな子は、ウェットに混ぜて体重維持のためシリンジで食べてもらってます。キドナがなかったらこの子はもう向こうへ行ってしまっていたかもしれません。別猫ですが、鼻からチューブを入れてもらい、経管栄養もしたことがあります。もともとは3.5kgあった子でしたが!入院時2.1kgになってしまいもうダメかと諦めかけていましたが!今では体重3kgを超え!自分でご飯も食べてくれるようになりました。20グラムづつの個別包装ですが!開封したらジャムなどの小瓶に入れて密封し!遮光のため冷蔵庫にいれていました。腎臓への負担が軽く!高カロリー高栄養になっているので!いざと言う時にたすかります。1日3回で必要カロリーが摂取できる計算です。ですが少し元気になりました。腎不全の子のための緊急時食料です。私は結構、ドロドロに水少なめにしてといて与えています。他のものに少しずつ混ぜると食べやすいかも。日常的にはほんの少しあげていて!ごはんの量が少ない日などは!多めにあげています。ただ!あげたあとに口の周りを水を含んだティッシュ等でふいてあげないと!がびがびに毛が固まり!そこを引っかいて毛が抜けてしまったりするので!気をつけてあげてください。食べなくなると!体を維持するためにはじめ自分の脂肪を消耗し!脂肪がなくなれば筋肉などを消耗するしかなくなります。もう少しお安いと嬉しいので☆4つにしました。パウダーをスプーン1に対して微温湯1で溶解し、シリンジで口から強制的に食べさせていました。自宅輸液が欠かせない状態ですので!自分でご飯を食べてくれている今でも体力増強のために1日1回!3日で1袋のペースで補助食品的に与えています。迅速に配送してくれて助かりました。猫ちゃんからは、すすんで飲んでくれないので私の場合ペーストにせずミルクの様に溶いてシリンジに入れて強制給仕してます一日3袋使うのでコストは、かなりかかりますが、その分の効果は目に見えてわかりますよ☆腎不全の猫ちゃんにホントお勧めです!歳末セールで5400円で購入。水が多いと吐いてしまって… 脱水症状起きないように自宅皮下輸液と!別にシリンジで水を与えて補給させています。なので!今回はチューブは入れず!あえて口から食べさせました。(安いっ!)慢性腎不全の末期で食欲廃絶になり!キドナとペットチニックだけで1週間命を繋ぎました。お湯でとろとろに溶いてシリンジで口の横からゆっくりとあげる方法ですが!こぼれると毛と一緒に固まってしまうので!すぐに拭いてあげて下さい。ぬるま湯に溶かしただけでは全然飲まないので、缶詰に混ぜて与えてみたら食べてくれました!食が細く、どんどん痩せている状態なので、少しでも栄養価を高める事ができて安心(気休め?)です。今は食欲がない時に硬めに溶いて口の横から歯茎に塗って食べさせています。2袋で1日の必要カロリーがまかなえます。連休中でしたがとても迅速に対応していただきましたm(__)mうちの子は自分からは飲んでくれなかったのでシリンジで飲ませました。腎不全でまったく食べなくなった猫用に購入しました。が、他の元気な猫が大喜びで舐めているのを尻目に、肝心の猫はこれを混ぜると一般食も食べなくなりました。やれるだけのことは、やってあげた、とは思うことができますが。他の高栄養食に比べてもグラムあたりのカロリーが高いので、強制給餌のみに頼ってる猫ちゃんにはとても心強い商品だと思います。がんばって、がんばって、約ひと月後に亡くなりました。残念ながらうちの子は旅だってしまいましたが!腎不全・食欲廃絶・老齢のネコちゃんにはとってもお勧めです。去年この療養食を始めてから かなり重い慢性腎不全の我が家の猫ちゃんは、今快適に過ごしてくれてます♪毎日1回は嘔吐してたんですが、今はほとんど吐くこともなく、落ち続けてた体重も日に日に増えてくれて、今では元気な頃の体重にほぼ戻ってます♪この商品は、我が家には なくてはならない命の粉ミルクです。ただ、チューブ用のようなので、猫の嗜好に合うようには作られていないと思います。でも、鼻からチューブを入れると、抜去予防のため、エリザベスカラーをしなければならなくなり、ストレスが増えてしまうのです。食欲が出てきたのでa/d缶の強制給餌も合わせて行い!約2ヶ月間!1袋を1日2回のペースで与えて来ました。20歳を超えると食が細くなって色々と心配でしたが、キドナのお陰で、最後まで元気に過ごしてくれました。これで脱水は免れています。大勢いるので無駄にはなりませんがこれからいざという時の為にも慣らしていきたいです。またいつ食欲廃絶になるかもしれないので買い置きすることにしました。誤嚥させるのが怖かったのですが、他に方法がなくて・・。助かっています。本猫達でも好みが分かれるようです。腎不全の15歳の猫のために買いました。それでも拒否されるので少しずつ少しだけ。腎不全で体重が落ちてきてしまった猫にシリンジで飲んでもらってます。うちの子の中には、これを溶いたお皿を舐めて食べてしまう子もいるので、美味しいと感じる子と嫌がる子に分かれるようです。腎不全で食欲の無くなった老猫15才にペースト状に溶いて与えています。もう天国に逝ってしまいましたが!我が家の猫の大好物でした。水分を取らせたいときは薄めに溶いて、小さいスプーンで口の横から飲ませました。18歳腎不全末期のネコが自分からは何も食べなくなってしまい、強制給餌を開始しました。スポイトでは飲んでくれなかったのですが、かなり濃く、べとべと状態にしたキドナを指に付けて口になすりつけて飲ませました。ぬるま湯に溶いて!シリンジなどであげます。値段がとても高いのでもっと安ければ嬉しいです。うちでは1回に2/3袋を10CCくらいのぬるま湯で溶いて!10mlのシリンジ2本分を作成してあげてました。粉末なので好みの硬さに溶いてあげられるところが良いです。療法食や栄養チューブなど、何を給餌するのが一番効率的にカロリー摂取ができるか、こちらのショップの獣医さんにメールで相談したところ、キドナを薦められました。水分は点滴で入れていたので!本当に栄養のためといった感じです。腎不全で弱った猫の為に買いました。最初にシリンジで鼻の下あたりに垂らし!なめ始めたら舌の上に垂らして飲んでもらっています。食べられなくなってしまった子に!栄養もカロリーもしっかり与えられるのでキープしておきたいパウダーですね。医学的に正しくても!猫にとってそれが良い方法だったのか!今でも迷いが残ります。腎不全用の処方食は低たんぱくなので!それを補う意味でも!腎不全用ながら!高カロリーで!かつたんぱく質を効果的に補給できるキドナは!頼りがいのある食品です。腎不全で食欲が落ちてきたな、と感じたら、補助栄養として早めに使用してもいいかもしれません。腎不全末期の猫ちゃんには欠かせません。飲ませた後は口のまわりをしっかりめに拭かないとガビガビになってしまうので、濡れタオル必須です。味は嫌いではないようで嫌がらずに飲んでくれました。。その後!徐々に食欲が戻り今ではすっかり元気になって走り回っています。少しゆるめに溶いてミルクの様にあげると、喜んで飲んでくれて嬉しかったです。